SketchUp Pro - New in 2018

SketchUp Pro 2018 ですばらしい作業を実現

今すぐダウンロード

更新

SketchUp Pro の新機能

極めて誇り高い作品を提供してください。SketfhUp Pro 2018の新機能を以下に示します...

よりスマートな断面

名前付きの断面

コンポーネント同様に断面平面に名前と記号が付いて、見つけやすく、整理しやすく、アウトライン表示で編集しやすくなりました。必要なときにいつでも簡単に断面にアクセスして管理できるようになりました。

塗りつぶし断面カット

SketchUp Pro に塗りつぶし断面カットが組み込まれました。[スタイル] ダイアログでで塗りつぶしの色を選択して、それをテンプレートに組み込んでください。

高速断面

大量のジオメトリを非表示にするために、断面平面を使用するモデルのパフォーマンスを改善しました。非表示のジオメトリが多いほど、メリットが大きくなります!

より良い図面を作成

縮尺ベクター図面

モデルにない線画を追加する必要がありますか? LayOut で縮尺図面を作成して 3D モデルのスケッチを行いプロジェクトを具体化してください。または LayOut で、縮尺する詳細を直接最初から描画します。

DWG インポート

LayOut に DWG をインポートして、すでに用紙サイズに縮尺された図を探します。 SketchUp プロジェクトは、CAD の線画と共存し、どこからでも DWG ライブラリを利用できるようになりました。

より良く描画

推定機能、面取り、フィレット、円弧、オフセット配列、選択: LayOut は詳細を描画したり縮尺でイラストを作成するために必要なすべてのものがより優れています。

Bim がありますか?

詳細属性

コンポーネントの価格、サイズ、URL、種類、ステータス、および所有者に詳細属性フィールドを導入しています。役立つ情報を使用して、さらに簡単にプロジェクトを埋め込むことができるようになりました。

集計レポート

レポートの生成でコンポーネントのデータが集計されるようになったので、スケジュールと削減リストの一部と数量を合計するためにレポートを構成したり、レイヤーごとに価格を追加して詳細な見積もりを作成できます。モデルのデータを処理するときです!

IFC インポート/エクスポート

BIM は、アプリケーション間を自在に移動するときに最善に機能します。割り当てる属性を転送してプロジェクトで操作を転送するために、SketchUp で IFC に依存できます。

誇りに思う作品を提供してください。

SketchUp Pro 2018 を入手

SketchUp Make をお探しですか?